コスメマジック┃コラーゲン化粧品で保湿とバリア機能を復活

化粧品におけるビタミンC

美容

マルチな美容成分として人気のビタミンc誘導体には水溶性と油溶性があり、最近ではAPPSという進化型も登場しています。幅広い美肌効果を発揮してくれて、美白や保湿、ニキビケアやアンチエイジングなどに効果があります。

詳細を確認する...

肌に栄養成分が確実に届く

女性

ビタミンc誘導体について、第1段落は今後は進化型ビタミンc誘導体である、APPSが普及していくと予測しています。第2段落ではビタミンc誘導体が人気の理由として、吸収率に優れていることが挙げられます。

詳細を確認する...

穏やかに角質ケア

美容

古い角質を取り除くには本格的なピーリングは効果的ですが、肌に刺激も強く肌が弱い場合には向いていない場合もあります。その点、ピーリング石鹸ならより穏やかな作用なので自宅でも安全に角質ケアが行えるようになります。

詳細を確認する...

コラーゲンの力と化粧品

コラーゲンの減少

美容

30代、40代と年齢が高くなっていくほど、肌の悩みも深刻になってきます。 乾燥やシミ、しわなど様々な悩みが増えてきてしまいますが、これらは肌のコラーゲンが減少するために起こります。 肌の奥には真皮層という部分があり、そこの約7割はコラーゲンが占めています。 紫外線の影響や華麗によってコラーゲンは減少してしまいますから、肌の土台を支えられなくなり、ほころびが出来たりなど様々なダメージを負ってしまってしわやたるみが起きてしまいます。 こうしたコラーゲンの減少は肌表面にまで影響を与えてしまって、保湿力やバリア機能を低下させてしまいます。 改善していくためにはコラーゲン化粧品で、不足しているコラーゲンを補ってあげるのが一番です。 最近では浸透力の高いコラーゲン化粧品もたくさんありますから、肌に合った物を取り入れていきましょう。

多機能なコラーゲン

肌の奥で繊維状に広がっているコラーゲンは、様々な機能を持っています。 肌に柔らかさやしなやかさを与えて、しわやたるみのないピンと張った肌を維持してくれます。 また、肌表面をカバーしてくれるコラーゲン化粧品もあり、水分をしっかりと蓄えてくれて、弱まったバリア機能をサポートして保湿力を高める作用も持っています。 体のあらゆる部分に存在するコラーゲンはとても多機能で、肌でも花粉症の肌荒れを改善したり弱まった肌の免疫機能をアップさせる作用も持っています。 肌トラブルのない柔らかくて透明感のある肌を維持するには、コラーゲンはとても重要なのです。 I型コラーゲンやマリンコラーゲン、生コラーゲンなど、浸透力も高く吸収されやすいものが配合されたコラーゲン化粧品で、肌の悩みを改善していきましょう。